借入審査で落ちる原因はわかります! 借入審査で落ちる要因分析

借入審査,審査基準,特徴

お金の申し込みの借入審査で落ちる方が居ますが、考えられる原因をまとめてみました。

 

①信用情報機関に悪い情報がが登録されている

この場合は、いわゆるブラックリストに載ってしまっていると言われる情報であり、
新規の申し込みは非常に厳しい状態になります。

ブラックリスト
に載るのは、過去に借金返済の遅延があまりにも多かったり、
任意整理自己破産を行った経緯があると、その履歴が残ってしまっています。

 

この人はお金を貸しても返済しない可能性が高いと言う
悪い属性情報が残っているので借入審査では非常に厳しい状態です。

 

②借入希望額が返済能力に比べて、高過ぎると推測されるケース

借入審査では他にも様々な条件があり、特に都市銀行のような
大きな金融機関の場合は、借入審査の審査条件は厳しい傾向です。

 

例えばブラックリストでは無いにしても、借入金額が高過ぎる場合は
借入審査は厳しくなります。

 

お金を借りるには、返済できることが義務になりますので、
返済できないと思われる金額は貸してもらえません。

 

③他社など複数社から借入している場合

借入金額の合計にもよりますが、3社、4社と複数社でお金を借りている場合は
賃金業者への印象も悪く、借入審査は厳しくなります。

 

④申し込みブラックの状態

最近他社に申し込んで、それが断られたような場合でも、
信用情報機関のデータベースにはしっかり証拠が残されていますので
新しい賃金業者でも借入は厳しくなってしまいます。

 

他社で落ちた履歴は2か月から3か月程度は残っていますので、
その間に新規で申し込んでも、断られる可能性は高くなります。
この状態を申し込みブラックと言われます。

 

同時期に申込みできるのは、2社ぐらいと言われていますので、
申し込みブラックにならない「ように注意願います。

 

⑤総量規制の最大借入額を超える場合

消費者金融からの借入の場合には、総量規制の問題があります。

 

消費者金融やクレジットカードの現金枠について、
貸出してもらえる上限は年収の3分の1までと法律で決まっています。

 

そのため、それを超える場合には、貸してもらえないのは大前提にあります。

 

これは新規に申し込みしている消費者金融会社一社だけの合計では無く、
現在残っている借金の総額で計算されます。

 

↓↓借入審査もサービスもオススメの賃金業者ランキング一覧↓↓<

借入審査

>>スムーズに借入審査できるサービスはコチラから<<