無職であっても借入審査を通過することができる方法はあるのか

借入審査

お金に借りるときに前提条件になるのは、安定した収入があることです。

 

では、収入のない無職の状態では借入審査にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

 

働くことの出来ない人の場合

例えば事故や病気で入院や療養中の人は、まず借りることは出来ません。

 

将来において、返済の目処が立たないからです。

 

自己都合などで働いていない人の場合

例えば退職していたり、派遣期間が終了した場合ですが、

 

場合によっては借りることが出来ます。

 

ただし、ネックとなるのは借入審査時の在籍確認です。

 

実際に働いていないのですから、確認のし様がありません。

 

この場合は派遣会社に登録すれば、そこが在籍確認先となりますので、

 

それで乗り切ることができます。

 

また、新しい職場が既に決まっている場合は、それでOKとなるケースがあります。

 

いずれの場合においても、無職の状態ですと大手の消費者金融では断られることが多いのですが、

 

中小の消費者金融では融通を利かせてくれることが多いです。

 

専業主婦の場合

専業主婦は職業では無いので、職業分類的には無職になります。

 

専業主婦の場合は、大手消費者金融では断られるケースが多いです。

 

消費者金融は総量規制があるので、元から収入の無い専業主婦の方には厳しいです。

 

総量規制対象外の銀行で申し込めばよいというのは理論上はそうなのですが、

 

銀行の方が審査が厳しいので現実的には厳しいものがあります。

 

しかし最近では銀行カードローンの中には、専業主婦専門のカードローンがありますので、

 

借入金額は50万円までと決して多くは無いですが、専業主婦専門の窓口ですので

 

安心し申し込むことができます。

 

消費者金融で借りる場合には、夫の収入と合計で借りるという方法があります。

 

ただし、その場合には借入審査の際に同意書、収入証明書、婚姻関係を示す書類などの提出が求められます。

 

↓↓借入審査もサービスもオススメの賃金業者ランキング一覧↓↓<

借入審査

>>スムーズに借入審査できるサービスはコチラから<<